【2022最新】田中みな実さんインスタライブ紹介の愛用品まとめ!

【ティルティル】コンシーラーの使い方!スティックとリキッドの使い分けを徹底解説!

ファンデーションを使っても、目の下のクマ・シミや赤みが綺麗にカバーしきれないことがありますよね…。

最近は、薄づきでナチュラルなファンデが流行りの傾向にあるので、

コンシーラーをマストで使っているという方も多いのではないでしょうか?

もちこ
もちこ

私もコンシーラーは欠かせません!

そして最近、SNSでも話題になっている韓国のコスメブランド「TIRTIR(ティルティル)」のコンシーラー

TIRTIR(ティルティル)」から発売されているコンシーラーは、

1本で、スティックとリキッドタイプがついているハイブリッドタイプ。

もちこ
もちこ
  • ファンデと一緒に使用して、たまご肌を目指すもOK
  • ファンデ代わりに使用して、ナチュラルを目指すもOK
  • お直し用としてポーチに潜ませておくのもOK

という優れもの!

今回は、そんな万能なティルティルのコンシーラーについて

この記事でわかること
  • ティルティルのコンシーラーはどんな商品か?
  • ティルティルのコンシーラーの使い方や使う順番

についてご紹介したいと思います!

TIRTIR(ティルティル)のコンシーラーとは?

商品名マスクフィット オールカバー デュアルコンシーラー
価格¥1,815(税込)
容量スティック4g/リキッド4.5g

マスクフィット オールカバー デュアルコンシーラーは、

韓国のコスメブランド「ティルティル」から発売されている、

リキッドタイプとスティックが1つになったデュアルタイプのコンシーラー

リキッドタイプとスティックが1つに!

肌のお悩みに合わせて、2つの形状をを使い分けることができます◎

もちこ
もちこ

このコンシーラーのポイントはこちら!

TIRTIRのコンシーラーのポイント
  • ナチュラルなのにハイカバー
  • マスク汚れ防止効果(01カラーのみ)
  • 肌に密着してヨレずらい
  • 保湿系美容成分配合
  • 皮膚低刺激テスト済み

ナチュラルなのにハイカバー

ティルティルのコンシーラーは、重ね塗りしなくても1度のタッチで、

フィルターがかかったように綺麗な肌を演出できます。

*メイクアップ効果による

カバー力のイメージ 引用:公式

マスク汚れ防止効果

01ナチュラルカラーは、スティックタイプ、リキッドタイプ共に、

マスク汚れの防止効果が実証されています!

マスク汚れ防止イメージ 引用:公式

  • 試験機関: (株)Dermocosmetic皮膚科学研究所
  • 試験対象: 満31~65歳まで成人女性21名
  • 試験期間: 2021年09月14日~2021年09月15日
  • *01ナチュラルカラーに限り
  • *皮膚タイプによって個人差がございます。

肌に密着して、ヨレずらい

独自の技術ソフトプリズムテクスチャーが、

ヨレずに肌にしっかりと密着して、素肌感を残しながら、気になる肌悩みをカバー。

ソフトプリズムテクスチャー 引用;公式

保湿系美容成分配合

ティルティルのコンシーラーには、

植物性の美容成分が数種類配合されているのもポイント。

【肌本来の輝きをケアして、うるおいたっぷりのしっとり感を与える】
  • 海スイレン(パンクラチウムマリチムムエキス)
  • アイリス(ハナショウブエキス)
  • 青蓮の花エキス(ニンファエアコエルレア花エキス)
【スティックコンシーラー 美容成分】
  • SOFTIGEN OIL(水添アブラナ種子油)
  • アルガニアスピノサ核油
  • ヒノキ水
【リキッドコンシーラー 美容成分】
  • MULTI-PRISM POWDER
    (ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサンクロスポリマー)
  • AQUAXYL
    (キシリチルグルコシド、 無水キシリトール、 キシリトール)
  • スベリヒユエキス
もちこ
もちこ

ティルティルで1番人気のクッションファンデについては、

こちらの記事で紹介しています!

TIRTIRクッションファンデ 赤・ピンク・黒の違い比較と色選び!脂性肌にはどれがおすすめ?

TIRTIR(ティルティル)のコンシーラーの使い方

ティルティルのコンシーラーは、1本でスティックとリキッド両方がついているので、

どっちをどう使えばいいのか、使い方が分かりづらいですよね・・・。

もちこ
もちこ

それぞれの使い方と使い分けをご説明します♪

リキッドとスティックの使い分けは?

結論から言うと、リキッドとスティックコンシーラーは、

下記の様に使い分けましょう。

タイプ使い方

スティック
①広い面をカバーする場合
・くすみ隠し
・目の下のクマ
・赤み隠し

②口角や眉のライン直しとして


リキッド
①ポイントカバー
・シミカバー
・そばかすカバー
・ニキビ跡カバー

②ハイライターとして

もちこ
もちこ

1度のメイクで、スティックとリキッドを両方使用する場合は、

スティック→リキッドの順番で使います。

使う順番
  1. ベースメイクを仕上げる
  2. スティックを、目のクマやくすみが気になる部分に乗せる
  3. スティックで眉や口のラインを修正する
  4. リキッドタイプを、シミ等のポイントに乗せる
  5. コンシーラーを乗せた箇所を指でトントンと馴染ませる
  6. リキッド・クリームファンデの場合は、フェイスパウダーをつける

スティックタイプの使い方

ティルティルのコンシーラー「スティックタイプ」は、

  • 広い範囲をカバーしたい場合
  • 赤みを隠したい場合
  • くすみ・目の下のクマを隠したい場合
  • 眉や口角のライン直しをしたい場合

に、使用するのがオススメ!

一方で、スティックタイプは、カバー力が高いので、塗りすぎたり、

顔全体につけてしまうと、

厚塗り感が出たり、のっぺりした印象になってしまうので注意しましょう!

またリキッドタイプと比べると保湿力は低い為、

乾燥が気になる方は、使用前にしっかりと保湿するのがオススメです。

スティックタイプの使い方 引用:公式
①リキッド・クリームファンデを使う場合
  1. 日焼け止め・下地・ファンデでベースメイクを仕上げる
  2. スティックコンシーラーの広い面で、 目のクマやくすみが気になる部分に乗せる
  3. 角面を使用して、眉・口のラインを修正する
  4. コンシーラーを乗せた箇所を指でトントンと馴染ませる
  5. フェイスパウダーをつける
もちこ
もちこ

クッションファンデの場合も、上記の使い方でOKです!

②パウダーファンデを使う場合
  1. 日焼け止め・下地でメイクの土台を作る
  2. スティックコンシーラーの広い面で、 目のクマやくすみが気になる部分に乗せる
  3. 角面を使用して、眉・口のラインを修正する
  4. コンシーラーを乗せた箇所を指でトントンと馴染ませる
  5. パウダーファンデを乗せる
POINT

パウダーファンデの場合、最後にコンシーラーを使うと、

ファンデがヨレてしまう可能性があるので、ファンデは最後に使います◎

リキッドタイプの使い方

ティルティルのコンシーラー「リキッドタイプ」は、

  • シミを隠したい場合
  • そばかすを隠したい場合
  • ニキビ跡を隠したい場合
  • ハイライターとして使用したい場合

に、使用するのがオススメ!

ポイントを「隠したい」場合

「ポイントを隠したい」場合は、以下のように使用します。

リキッドタイプでポイント隠し 引用:公式
①リキッド・クリームファンデを使う場合
  1. 日焼け止め・下地・ファンデでベースメイクを仕上げる
  2. リキッドコンシーラーをチップの先端を使って、 隠したい部分に乗せる
  3. コンシーラーを乗せた箇所を指でトントンと馴染ませる
  4. フェイスパウダーを乗せる
もちこ
もちこ

クッションファンデの場合も、上記の使い方でOKです!

②パウダーファンデを使う場合
  1. 日焼け止め・下地でメイクの土台を作る
  2. リキッドコンシーラーをチップの先端を使って、 隠したい部分に乗せる
  3. コンシーラーを乗せた箇所を指でトントンと馴染ませる
  4. パウダーファンデを乗せる

リキッドタイプの場合も、パウダーファンデを使用する時は、

コンシーラーを最後につけるとヨレやすいので、ファンデの前に使うのがオススメです。

「ハイライター」として使う場合

リキッドタイプでハイライター 引用:公式

ハイライターとして使う場合は、

明るいカラーの「01ナチュラル」を使用。

色味見本 引用:公式

チップの側面を使って、額、鼻筋・ほうれい線に乗せていきます。

ハイライターとして使う場合
  1. ベースメイクを仕上げる
  2. 額や鼻筋など、明るさを出したい部分に、 「01ナチュラル」のリキッドコンシーラーを乗せる
  3. コンシーラーを乗せた箇所を指でトントンと馴染ませる

まとめ

ティルティルのコンシーラーの使い方をご紹介しました!

クッションファンデで定評のあるティルティルなので、コンシーラーもとても気になりますね!

もちこ
もちこ

購入する際の参考になれば、嬉しいです!

TIRTIRクッションファンデ 赤・ピンク・黒の違い比較と色選び!脂性肌にはどれがおすすめ?