【2022最新】田中みな実さんインスタライブ紹介の愛用品まとめ!

【&be(アンドビー) UVミルク】色白の人はどっちがいい?色選びのコツや色の違いも

&be UVミルク

もちこ

こんにちは。もちこです!

ヘアメイクアップアーティストの河北裕介さんが立ち上げたコスメブランド&be (アンドビー)

 

2018年立ち上げと比較的新しいブランドですが、SNS上では発売当初から商品のクオリティが高いと評判が上々。

売り切れが続出するなど、いち早く人気ブランドとなりました。

 

この記事では、「&be 」から発売されて、大人気商品となっている「UVミルク」の色選びで悩まれている方へ、

ラインナップされている色の特徴や、色選びのコツについてご紹介します♪

 

&be UVミルクの色選び 色白の人はどっちがいい?

「&be UVミルク」は、「スタンダード(ホワイト)」「ナチュラルベージュ」全2色展開

30gタイプには2色ありますが、大容量の116gタイプは、「スタンダード(ホワイト)」のみです。

 

2色展開しかなく、ベージュも1色のみなので、

自分の肌色に合うか心配という方も多いのではないでしょうか。

もちこ

どんな人にどの色が合うのかを、ご紹介していきます!

30gタイプ「ホワイト」

30gタイプ 「ベージュ」

116gタイプ「ホワイト」

 

 

色白・標準より明るめの肌の方は『スタンダード(ホワイト)』がオススメ!

&be UVミルク スタンダード

まず、&be UVミルクの「スタンダード(ホワイト)」は、

しっかりした濃いめの白なので、トーンアップ効果あり。

 

ミルクという名前ですが、質感は、クリームに近いですね!

 

伸びが良く、白くなりすぎないので、肌の色が標準〜明るめの方に使いやすいカラーだと思います。

こちらもパールが含まれているので、きれいな艶が出ます◎

 

 

ただ、やはり、ノンケミカル。

ケミカルの日焼け止めと比べると、塗る量が多いと白浮きしやすいという口コミが多数。

口コミ

下地にもなるとのことでしたが、たっぷり塗ると白浮きする

使用量に気をつければ問題ありませんが、塗りすぎはNGですね。

 

ベージュに比べると、カバー力は低いので、気になる部分がある方は、

日焼け止めを重ねて隠すのではなく、

別の下地を重ねるか、コンシーラーやファンデーションを使うのがオススメです。

もちこ

&beからは、コンシーラーが販売されているので、

同じブランドで揃えると相性が良く、オススメです。

 

ただ、個人的に気になったのは、本来、日焼け止めに表示されている効果(数値SPF50PA++++)を発揮するには

全顔で500円玉大1個分という多めの量が必要。

500円

 

日焼け止め効果を期待して、全顔500円玉大でこのUVミルクを使用してしまうと、

白浮きしてしまう可能性が高いので、

私は、カバー力が高すぎず、トーンアップ程度の下地が欲しい。

日焼け止め効果は重視しない!

という方にはいいですが、

私は、しっかり日焼け止め効果が欲しい!

という方には、オススメできないかも。。

 

 

イエベ・標準より暗めの肌の方は『ナチュラルベージュ』がオススメ!

&be UVミルク ナチュラルベージュ

&be UVミルクの「ナチュラルベージュ」は、落ち着いたベージュの色味です。

使用感が似ているラロッシュポゼのピンクベージュ色よりも、かなり暗め

&be公式より

 

 

色が付いている分、ホワイトと比べると、よりツヤ感が出やすいです。

 

このベージュのトーンがどのくらいの明るさかを、

色展開の多いローラメルシエのファンデーションの明るさ一覧と比較してみましょう。

比較してみると、「UVミルク」の明るさは、3段目の一番暗い色のラインに近いですね。

ベージュの黄味が強めなので、イエベ向き

 

暗めの色なので、ノンケミカル日焼け止め特有の「白浮き」はしずらいです。

 

その為、普段、標準よりも明るめの色を使用する方がベージュを選ぶと、色が暗く、トーンダウンしてしまう可能性が高いでしょう。

 

なのでベージュは、標準よりも暗めの肌の方にオススメです◎

カバー力もあるので、下地として優秀な1本です。

 

ホワイトは明るすぎ・ベージュは暗すぎという方は『混ぜる』

色を迷う人

ベージュだと暗くて合わなそうだけど、ホワイトだと白浮きが気になる

とか

イエベだからベージュが良さそうだけど、トーンが暗そうだなぁ。

という方は、「ベージュ」と「ホワイト」を混ぜるのがオススメ。

 

混ぜることによって、肌馴染みの良いちょうど良いトーンに調節できます。

 

 

&be(アンドビー) UVミルクってどんな商品?

&be UVミルク

商品名 UVミルク
容量 30g/116g
価格 30g 1,980円(税込)/116g 3,080円 (税込)
強さ SPF50++++

スタンダード(ホワイト)

ナチュラルベージュ

 

&beの「UVミルク」は、肌に優しいノンケミカル設計で・石鹸落ちながら、「きしみ」「白浮き」を抑えた日焼け止め・化粧下地。

 

「SPF50++++」という高い日焼け止め効果を維持しつつ、

肌荒れ防止・保湿効果のある植物エキスや、繊細パールが配合されていることにより、

肌がきれいに見える仕上がりに。

 

日焼け止めとしてだけでく、化粧下地としても優秀な一品です。

 

UVミルクの特徴1:紫外線吸収剤不使用のノンケミカル処方

&be UVミルクは、紫外線吸収剤不使用で、ケミカルの日焼け止めよりも刺激が少なく、

肌に優しい日焼け止めです。

 

さらに、日焼け止め効果がSPF50PA++++という高い値になっています。

 

通常、ノンケミカルの日焼け止めでSPF50を実現するのは、とても難しく、

できたとしても、白浮きや、キシキシした使用感が出てしまうことがほとんどなのですが、

 

&beのUVミルクは、キシキシ感を抑えた独自処方になっており、

みずみずしい使用感、そして白浮きしずらいトーンアップ効果を実現しています。

 

UVミルクの特徴2:「肌を守る」効果のある美容成分が含まれている

&be UVミルクには、スキンケアに入っているような肌荒れを抑えたり、保湿効果のある成分が配合されています。

&be UVミルクの美容成分

・「オウゴン根エキス」「キュアベリー®(ビルベリー葉エキス)」

 PM2.5、花粉、たばこの煙、排気ガスなどの環境ストレスから肌を守って肌荒れを抑えます。

 

・「イザヨイバラエキス」「ソメイヨシノ葉エキス」

 紫外線による肌荒れや、乾燥のダメージを防ぎます。

 

・「シロキクラゲ多糖体」「スイゼンジノリ多糖体」「リピジュア®(ポリクオタニウム-51)」

 乾燥から肌を守る保湿成分が、うるおったなめらかな肌を保ちます。

 

UVミルクの特徴3:石鹸落ちでデイリー使いに最適

「&be UVミルク」は、肌に刺激の強い下記の8成分が不使用。

&be UVミルクで使われていない成分

  • 紫外線吸収剤
  • 石油系界面活性剤
  • 鉱物油
  • エタノール
  • タール系色素
  • 合成香料
  • 合成酸化防止剤
  • 旧指定表示成分

 ※パッチテスト済み

石鹸やボディーソープで落とせる肌に優しい処方で、

肌の負担が少ないのでデイリー使いにオススメ。

 

敏感肌の方や、お子様でも使いやすい設計になっています。

 

 

コスメブランド『&be (アンドビー)』とは?

&beは、ヘア&メイクアップアーティストの河北裕介さんが立ち上げたコスメブランド。

”安心、簡単、ハイパフォーマンス、ハイクオリティーなプロダクトを作りたい。

商品を通して、シンプルで美しい生活をサポートできるようなブランドを作り皆様に届けたい”

引用元:https://andbe-official.com/about.html

という思いから生まれました。

 

日焼け止めやコンシーラーなどのコスメだけでなく、スキンケアも展開されています。

プチプラにも関わらず、どれもがハイクオリティな使用感で、幅広い年齢層から人気を集めています。

 

河北裕介さんは、数々の雑誌や芸能人のヘアメイクを担当するすごい方。

最近では、インスタYouTubeで化粧技術などに関する発信もされています。

もちこ

YouTubeでは、女装もされていて、結構お茶目な方みたいです!!

 

ちなみに、河北裕介さんはAmazonプライムの美容番組「ビューティーザバイブル」にも出演されています。

番組中に河北裕介さんが絶賛していたアイテムはこちらでまとめています!

beautythebible-season1-episode3 【ビューティーザバイブル】3話まとめ!河北裕介と『わたし的ベストコスメ@メイク』 beautythebible-season2-episode15 【ビューティーザバイブル シーズン2】15話まとめ!河北裕介が教える『時代に寄り添うメイク』

 

まとめ

この記事では、ヘア&メイクアップアーティスト河北裕介さんが立ち上げたコスメブランド『&be(アンドビー)』の

UVミルクの特徴や色選びについてご紹介しました!

もちこ

購入する際の参考になれば、嬉しいです!